by カエレバ

 
以前の記事でもちょっと触れましたが、その日は有村架純さんが主演した映画「夏美のホタル」を見に行きました。
 
今回の撮影記事を更新する時には上映も終了していて、多少は映画の内容にも触れられると思っていたのですが、劇場によっては10月から上映されるところもあるらしいのでネタバレは出来ません。
 
ぶっちゃけカメラとか撮影とかを期待して見るとガッカリする人が多いと思いますが、女優 有村架純が好きな人であれば満足できると思いますし、田舎の風景に癒やされたいという人にもオススメできます。
 
女優というと、プライベートが不明で一般的には近寄りがたいミステリアスな雰囲気がありますが、有村架純さんに対しても多くの人がそういった印象を持っているかもしれません。
 
そんな女優が作品の中の役柄とはいえ、艶めかしい日常の生活を見せてくれると、なんとも言えないセクシーさというかエロティシズムを感じたりもします。そういった意味では“女”有村架純の魅力的な姿が見られる映画だと思います。(ただ、事後をイメージさせるベッドのシーンは要らないと思いました。)
 
有村架純さんにはまったく興味が無い私ですらその艶めかしさには魅力を感じましたので、彼女のことを好きな人であれば尚更だと思います。
 
 
さて、幕張に行く時には何かしらの用事があることが多いのですが、今回もイオンシネマ幕張新都心に映画を見に行ったあとに、付近を歩きながら撮影しています。 
 
イオンシネマ幕張新都心は、前回行った運転免許センターから線路を挟んですぐ隣りと言っても良いくらいの近所なので、前回と同じ場所を歩くこともありました。ですから同じビルや同じ道路(歩道や歩道橋)も撮っています。
 
なるべくこれまでとは違うイメージでの撮影を心掛けてはいますが、好みのアングルや画角は同じ人間なので似ていると思います。それでも前回は持っていなかった24mmの広角でも撮っていますので、違ったアプローチを見て頂けるかと思います。
 
撮影は愛機ニコンD810、レンズは標準ズームレンズ(AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)と、単焦点50mmレンズ(Carl Zeiss PLANAR T*1.4/50mm ZF.2)を使っています。撮影時WBはオートですがRAW現像の際に補正していて、RAW現像はLightRoomCC、補正はPhotoshopCCを使用しています。
 
 
イオンシネマ幕張新都心01
24-120mm(92mm), f/6.3, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
夕方の眩しい西日が差しているイメージでハイキーな感じにしました。そんな暑さの中でも子供が遊んでいます。見守るお母さんも大変です。
 
 
イオンシネマ幕張新都心02
24-120mm(70mm), f/6.3, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
曲線で構成されたイオンの壁を撮りました。
 
 
イオンシネマ幕張新都心03
24-120mm(38mm), f/6.3, 1/800, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
画角を変えてみました。撮り手ほど、見ている人には違いが伝わらないと思います。
 
 
イオンシネマ幕張新都心04
24-120mm(65mm), f/6.3, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル

何気なく見ていましたが、よくよく見ると派手な道路です。
 
 
イオンシネマ幕張新都心05
24-120mm(65mm), f/6.3, 1/500, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル

走行してきたクルマの下半分だけ入れてみます。画像に動きが出て良い感じですが、道路の派手さはあまり感じなくなりますね。
 
 
イオンシネマ幕張新都心06
24-120mm(120mm), f/6.3, 1/1000, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
若いお母さんたちが井戸端会議?です。緑はリアルですがコストコのところまで行くと霞がかったようにも見えます。実は白いスカートの女性の雰囲気が好きでした。
 
 
イオンシネマ幕張新都心07
24-120mm(120mm), f/4, 1/800, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
歩道脇に咲いていた花を撮ります。120mmだとそれほど圧縮効果が効いているようには感じません。もうちょっと寄れば良かったです。
 
 
イオンシネマ幕張新都心08
24-120mm(24mm), f/9, 1/500, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
イオンと線路に挟まれた通りをアンダー気味に撮っているけど空は明るい。といった狙いです。
 
 
イオンシネマ幕張新都心09
24-120mm(24mm), f/9, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
さらに推し進めて歩道橋を完全なシルエットにして青空を強調してみました。気に入った画になりました。
 
 
イオンシネマ幕張新都心10
24-120mm(24mm), f/6.3, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
歩道橋の階段の傾斜と青空、遠近感ある日陰の歩道を広角で撮りました。
 
 
イオンシネマ幕張新都心11
24-120mm(24mm), f/6.3, 1/320, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
縦構図にしてレンズの歪みを補正しないでビル街を表現しました。
 
 
イオンシネマ幕張新都心12
24-120mm(24mm), f/6.3, 1/500, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ラフに撮っていることもあって、これも歪んでいますが、あまりきっちりしすぎるのも面白く無いと思います。
 
 
イオンシネマ幕張新都心13
24-120mm(24mm), f/6.3, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
これまでも幕張では撮影してきましたが、広角ならではのこういった画像はそれほど無かったのではないかと思います。
 
 
イオンシネマ幕張新都心14
24-120mm(98mm), f/4, 1/1000, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
この日はクルマで通りがかった時から、ここから狙った画が撮りたかったです。同じ形の歩道橋が延々と続いているように見えます。
 
 
イオンシネマ幕張新都心15
24-120mm(24mm), f/6.3, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
顔を上げて同じ所からワイド端でまったく違った画を意識しています。時間帯的に陽射しに角度が付いていたためシャドーを上手く使いたいと思いました。
 
 
イオンシネマ幕張新都心16
24-120mm(100mm), f/11, 1/160, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
また連なる歩道橋に戻ります。少し高い位置から明るい感じで撮りました。
 
 
イオンシネマ幕張新都心17
24-120mm(24mm), f/11, 1/320, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
コテコテですが、CANONをNIKONで撮るの図ですw
 
 
イオンシネマ幕張新都心18
24-120mm(24mm), f/11, 1/320, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ガラス張りのビジネスビル群と街路樹の対比を狙いました。木の肌のシャドー表現がイマイチです。
 
 
イオンシネマ幕張新都心19
24-120mm(120mm), f/8, 1/125, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
歩道橋下に停めてあるバイクと自転車です。ただテレ端で撮りたかっただけですw
 
 
イオンシネマ幕張新都心20
24-120mm(52mm), f/4, 1/160, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
小高く盛り上がった歩道脇に日が差して、影を伸ばす感じと明暗の差が印象的でした。
 
 
イオンシネマ幕張新都心21
50mm, f/8, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ここでプラナーに変更します。コントラストのメリハリが素晴らしいの一言です。
 
 
イオンシネマ幕張新都心22
50mm, f/4, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
歩道橋に立っていた木です。1本の木だけを撮っているかのような意識で撮りました。
 
 
イオンシネマ幕張新都心23
50mm, f/8, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
元画像も結構ハイキーでしたが、西日が眩しいモヤッとした雰囲気をさらに表現してみました。
 
 
イオンシネマ幕張新都心24
50mm, f/8, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
特徴的な中央分離帯を主役に、印象的に伸びる影も撮っています。
 
 
イオンシネマ幕張新都心25
50mm, f/5, 1/1000, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
一転、日陰です。特徴的なイオンの立体駐車場です。プラナーなので、もっと絞ってもディテールは潰れなかったと思いますので絞ればよかったです。
 
 
イオンシネマ幕張新都心26
50mm, f/2.8, 1/1000, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
駐車場のサインがボケていますが、真っすぐ伸びる自転車置き場のフレームにフォーカスしていたのでした。撮影時の狙いは出来ていますが、サインなど見る人の目が行くところがボケちゃうと良くない印象もあるかもしれないと後で感じました。
 
以上です。
 
 
今回は24-120mmの標準ズームレンズをメインで使いました。このレンズは比較的ノッペリとした画像になりやすいと私は感じているのですが、だからこそハイコントラストを意識しました。
 
24-120mmは、私が持っているレンズで一番広角にできるので、広角好きの素質がある私にとってはとても楽しいです。またレンズに慣れてきたのもあって、それまでは気持ち悪いと感じていた歪みも逆に画作りに利用するようにもなりました。
 
ズームリングを回すことでいろいろな画角で被写体を捉えることが出来ますから、まあ便利ですね。
 
標準ズームレンズは、ユーティリティレンズとして優秀だと改めて感じました。
 
ただ標準ズームレンズはユーティリティに振っている分、画質的に追い込んでいくと価格が高額になり、筐体も大きく重くなってきますので、どのレンズをチョイスするかは、自身の撮影環境を見極める必要もあるかと思います。
 
例えば知人などは、「どんなに重くても70-200mmf/2.8VRⅡを持っていく!」という人もいます。その辺りはこだわりなのかもしれませんが、一般的には高倍率ズーム1本で良い。という人も多いでしょうね。
 
私などは、どうしても1本しかレンズを持っていけないという場合には、何を撮るのかにもよりますが、きっとかなりの高確率で単焦点50mmのプラナーを持って行くと思います。
 
カメラ本体もそうですが、レンズ選びにも個性があって楽しいです。
 
 
次回は、何度も来ている幕張をちょっと撮っただけでは満足できなかったので、JR千葉駅付近にも行って少しだけでしたが撮りました。その時撮った画像をご紹介します。
 
 
宜しければまたお越しください。
 
 

 
 
スポンサーリンク