by カエレバ

 
前々回の記事で、ポルシェ乗りでキャノンを使っているKさんを久しぶりに思い出しました。その記事を改めて読んでみると興味深いひとことが書かれていました。
 
その興味深いひとこととは、Kさんがドヤ顔で言い放った“キャノンはアーティストが使う”というところでしたw
 
私はアーティストではないかもしれませんがクリエーターです。そんな私が両社のカメラで撮影した画像を、すべてではありませんが見て率直に感じたところを、現在のリテラシーでちょびっと考えてみたいと思います。
 
私が見たキャノンの画像はとても華やかで、補正しなくても良いのではないかと感じるほどの画像だと感じました。特にライティングがマッチしている時の肌の色や料理などはこれ以外にはないと感じる人がいても不思議ではないと思います。
 
それに対してニコンの画像は、キャノンの画像に比べるとぶっちゃけ地味な印象があります。ただ、一見おとなしい画像ながら色味はナチュラルです。
 
ちょっと見は、キャノンの方が人に好かれるだろうということは否定しません。そして連写やフォーカススピードなどの性能でも、そのすべてではないですが、キャノンがニコンを上回っている機種があります。
 
それでも私が現在出した結論としては、“アーティストにはニコン” と言いたいと思います。理由として、キャノンの画像は写真自体の主張が強いので、扱いづらいと感じることがあるからです。
 
その点ニコンは地味だけど素直な発色なので、キャノンよりも容易に自分の思い通りにコントロールできます。ですからどうしても使いたいEFレンズがあるとか、そのキャノンの発色が自分の作品作りに必要だと思った人以外は、ニコンの方が撮り手の意図を画像に反映させやすい気がします。
 
そうしたニコンの自然な発色はカール・ツァイスとの相性も良く、空気が写るとまで言われるツァイスの良さが、より表現できると個人的には思っています。
 
これはあくまで私個人の意見ですので、キャノンを使うアーティストだって全然ありだと思います。そして最近のニコンは派手で華やかな撮って出しを出せる設定も出来るということを付け加えておきたいと思います。
 
私は上記の理由から今後しばらくはニコンを使い続けると思いますが、悩むくらいなら両方買っちゃうのが一番良いと思います。だって使ってみないとどちらが自分に合うかなんて判らないでしょ?
 
とか言いながらショナイ(内緒w)で「ペンタックスのコントラストに惚れ込んだ♥とある私」なんていう別サイトを作っちゃったりしてw(冗談です)
 
 
さて、いつまでもキャノンだニコンだとウダウダしていたいところですが、短時間で東京駅からグルっと歩いて東京駅に戻る撮影の最終回です。
 
皇居から離れて日比谷方面に歩き始めましたが、今回は日比谷公園の中を通過しました。その後は有楽町から銀座に行こうかとも考えたのですが、時間の都合と疲労のために、東京駅に戻ってバスに乗りました。
 
撮影は愛機ニコンD810、レンズは単焦点50mmレンズ(Carl Zeiss PLANAR T*1.4/50mm ZF.2)と、標準ズームレンズ(AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)を使っています。撮影時WBはオートですがRAW現像の際に補正していて、RAW現像はLightRoomCC、補正はPhotoshopCCを使用しています。
 
 
皇居周辺63
50mm, f/6.3, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
道も空もビルも街灯も緑も、派手さはないですがなんとなく好きな色に撮れました。
 
 
日比谷公園01
50mm, f/6.3, 1/250, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
日比谷公園には緑がたくさんあります。今時ではない感じの松が視界に入ってきました。
 
 
日比谷公園02
50mm, f/4, 1/1000, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
今は梅雨ですが、緑の中にたんぽぽの黄色い花、この写真の時にはとても良い時季でした。
 
 
日比谷公園03
50mm, f/4, 1/125, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
単焦点らしい画像になっている水飲みです。ピントが蛇口のやや後ろになっている理由は覚えていませんw
 
 
日比谷公園04
50mm, f/2.8, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
無限遠ちょっと手前で撮っていますが、後で画像を改めて見てみると、ビジネスマンの背中に合わせたほうが良かったかもしれないと感じました。
 
 
日比谷公園05
50mm, f/6.3, 1/200, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
この日は婚礼のため貸し切りになっていた公園内にある結婚式場です。後方に見えるビルに違和感を感じるほどの佇まいです。
 
 
日比谷公園06
50mm, f/4, 1/500, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ペリカン噴水です。個人的にはあまりセンスを感じませんが、明治の頃のデザインのようです。
 
 
日比谷公園07
50mm, f/2.8, 1/250, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
入店待ちで並んでいる人も多く、凄く混雑していたレストランですが、オープンテラスが気持ち良さそうでした。なるべく人を入れないようにと構図やら絞りやらをゴチャゴチャやったらとっ散らかってますw
 
 
日比谷公園08
50mm, f/4, 1/1000, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
結婚式場の別アングルです。大型タープテントの下ではスタッフが忙しそうに準備していました。
 
 
日比谷公園09
50mm, f/6.3, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
公園の中から緑を額縁にして日比谷通りを撮っています。特徴的なデザインの明治生命館の建物が見えます。
 
 
日比谷〜東京駅01
50mm, f/6.3, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
日比谷の交差点です。ビルに近づくと自ずと縦構図が増える私です。
 
 
日比谷〜東京駅02
50mm, f/6.3, 1/800, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
青空と規則正しく並んだクルマがおとなしい画にしていると感じます。日本中に横文字看板が増えていますが、ここでは縦配置の漢字看板が印象的で効果的に見えます。
 
 
日比谷〜東京駅03
50mm, f/5.6, 1/320, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ガード脇の路地が印象的です。撮る前にはガード下の色使いが気になったんですけど、日陰に個性を消された感じになって、別のところが目立ってきました。
 
 
日比谷〜東京駅04
50mm, f/2, 1/160, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
とても雰囲気のあるレストランを撮りました。f/2なのにシャッタースピードが1/160と、暗さが際立つシチュエーションです。実はこれ、ブレてしまった上にピントもちょっぴり手前に合ってしまった失敗写真です。
 
 
日比谷〜東京駅05
50mm, f/3.5, 1/160, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
店の角を曲がって、多少明るいところに来たということでf/3.5にしました。こちらはブレもなく扉の向こうひとつ目の照明にジャスピンです。ただ、オーニングのフリルが風に煽られていたのが残念でした。
 
 
日比谷〜東京駅06
50mm, f/2.8, 1/50, ISO180, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
通りがかりの地下駐車場に向かう出入り口から奥を撮っています。立ち位置をあえて中心からずらしましたが、左の壁に設置されている照明の並びを意識しました。
 
 
日比谷〜東京駅07
50mm, f/2.8, 1/500, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
歩道脇のガラリです。歩行者をボカすことで動きを出そうとしていますが、ボカしすぎて背景になっちゃいました。
 
 
日比谷〜東京駅08
50mm, f/6.3, 1/800, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
いろいろな形が入り組んだような画像です。
 
 
日比谷〜東京駅09
50mm, f/6.3, 1/320, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
上の画像の赤い屋根はLoftの屋根でした。視線を落とすとまったく表情が変わる都会の風景だと思います。
 
 
日比谷〜東京駅10
50mm, f/4, 1/320, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
駐輪場の精算機と車道です。精算機と表示されたサインのリアル感を表現したかったガード下のひとコマです。
 
 
日比谷〜東京駅11
50mm, f/6.3, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
標準レンズで醸し出すパース感です。
 
 
日比谷〜東京駅12
50mm, f/6.3, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
キョロキョロしながらテレテレ歩いていましたら、キレイ系おしゃれ女子が追い抜いて行きました。という画です。
 
 
日比谷〜東京駅13
50mm, f/6.3, 1/50, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
なんとも考えこまれたショーウィンドウです。思わず撮っちゃいました。
 
 
日比谷〜東京駅14
24-120mm(120mm), f/6.3, 1/125, ISO160, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
バス停でバスを待っていたら、ふと気になったので一度は鞄にしまったカメラを取り出して撮りました。東京駅屋外通路の植物で作られた壁がカッコ良いです。
 
 
日比谷〜東京駅15
24-120mm(120mm), f/6.3, 1/125, ISO125, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
植物の壁を撮っていたら、とってもカッコ良いシニアカップルが見えました。120mmでも広く感じましたので、クロップか望遠で改めて構図を取り直したいところですが、時すでに遅しです。
 
今回は以上です。
 
 
この日は朝天気が良かったのがキッカケになって、突如思いついてアクアラインバスに乗りました。はじめはとんぼ返りで帰るつもりだったのですが、結局2時間半ほど歩いてしまいました。
 
日比谷公園から有楽町駅に向かって歩いていた時に、銀座でも撮影したいと思い立ちましたが、さすがに歩いてきた最後の方だったので、体力、気力ともに持ちませんでした。
 
銀座方面に行くのを断念してまっすぐバス停に歩いていた途中、すでに集中が切れているという画があとから見ても判ります。
 
多分、手ブレを起こしたレストランの撮影あたりでは結構な疲れを感じていて、その後多少は持ち直しましたが、集中力は長く続かず精算機の撮影あたりを最後に切れましたね。
 
そして残念ながら、不調だった私の気分転換にはあまりなりませんでしたとさ。ちゃんちゃん♪
 
 
次回は、7年前にこの世を去った私の一番好きなピアニストのトリビュート展に行って、展示会の前後に信濃町〜千駄ヶ谷を歩いて撮影した画像をご紹介します。
 
 
宜しければまたお越しください。
 
 

by カエレバ

 
 
スポンサーリンク