昨日気づいたのですが、このサイトの記事ページが見られなくなっていました。
 
これはリダイレクトマルウェアに掛かってしまったからのようでしたが、Googleさんからの警告もなかったので、サイトではなく自分のパソコンが原因だと思いました。
 
案の定パソコンには、いくつかの怪しいファイルがありましたから削除しましたが、他の端末やアプリでも同様の表示をし始めたので、サーバーの中身とプログラムを疑わねばならなくなりました。
 
サーバーには問題はないようでしたが、プログラム上のとあるコードがきっかけになって、リダイレクトしているようでした。
 
そのコードを全部消したら表示できるようになりましたが、まだ大丈夫になったとは言えない気がしますので、思いつく幾つかの作業を加えるつもりでいます。
 
どれくらいの間、見られなくなっていたのかは分かりませんが、その間に来て頂いた方にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした。

これからは、セキュリティ面にも一層注意していきたいと思います。
 
 
さて、前回記事に引き続き新宿御苑に行って撮った画像のご紹介です。
 
雪が残る都会のオアシスでの撮影ですが、短時間で通り抜けながら撮ったような感じだったので、あまり狙いを持って撮影できませんでした。ですから夕日の逆光や雪と木々、そして遠くにビルを眺める画像が多いです。
 
前回記事の最後に久しぶりに毒づきましたが、今回も私にはまったく理解ができない光景を見たところからのスタートです。
 
 
撮影は愛機ニコンD7100、レンズは50mmの単焦点レンズ(Carl Zeiss PLANAR T*1.4/50mm ZF.2)と、望遠ズームレンズ(TAMRON AF28-300mm f3.5-6.3 XR Di ASPHERICAL A061N)を使っています。撮影時WBはオートですがRAW現像の際に補正していて、RAW現像はLightRoomCC、補正はPhotoshopCCを使用しています。
 
 
新宿御苑19
50mm, f/2.2, 1/6400, ISO400, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
大きな樹の下に体育座りの女性ふたりです。このふたりの目線の先での光景に驚いた私なのでした。
 
 
新宿御苑20
50mm, f/2.2, 1/8000, ISO400, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
10人以上のカメラを持った人たちが一本の木に群がっていました。かなり引いてしまった私は距離を保ちながら、無意識にこの人たちを撮っていました。
 
 
新宿御苑21
50mm, f/8, 1/500, ISO400, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
とても珍しい花とか実とかが見られるのか、それともこの日を逃したら撮ることが出来ないくらいの被写体でしょうか。みなさんの執念を感じました。前回記事の若者も、この人たちのことも、否定はしませんが私にはちょっと出来ません。
 
 
新宿御苑22
50mm, f/10, 1/500, ISO400, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
木の枝の隙間からビルを臨みます。
 
 
新宿御苑23
50mm, f/11, 1/160, ISO400, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
池に写る木々のリフレクションをイメージしてフレーミングしました。東京らしい高層ビルがミスマッチで良いです。
 
 
新宿御苑24
50mm, f/11, 1/200, ISO400, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
一番手前のシルエットの木をメインに、雪と歩道のカーブが良い感じでした。
 
 
新宿御苑25
50mm, f/11, 1/160, ISO400, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
とても好印象だった歩道のカーブとベンチを主役にしてみました。
 
 
新宿御苑26
50mm, f/13, 1/640, ISO400, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
太い枝の上下に、上には陽の光、下には反射光という狙いですが、技術的に表現力が足りていません。
 
 
新宿御苑27
50mm, f/11, 1/640, ISO400, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
これも逆光バージョンです。この画を見ただけだと千葉も東京も変わりないように見えますw
 
 
新宿御苑28
50mm, f/11, 1/100, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
一転、ISOを下げて夕日に照らされる木と芝が印象的です。ケースバイケースですがISOを下げたほうがこういった画の場合には色の深みが増します。
 
 
新宿御苑29
50mm, f/11, 1/250, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
またしても逆光とリフレクションで、水面のキラキラは好きなやつです。
 
 
新宿御苑30
50mm, f/4, 1/160, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
歩道脇の柵を使って奥行き感を演出します。影の伸び具合も良い感じです。
 
 
新宿御苑31
50mm, f/8, 1/200, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
この雪と枯れ木と影、そしてビルがとても印象深かったです。そして所々でフレームインしてくる人が良い雰囲気を作ってくれます。
 
 
新宿御苑32
50mm, f/4, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ベタなシンメトリーの枯れ木並木です。
 
 
新宿御苑33
28-300mm(210mm), f/6.3, 1/200, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ここで望遠レンズの登場です。身に付けたモノの色合いがとってもGOODな女性が雪を楽しむように歩いています。
 
 
新宿御苑34
28-300mm(155mm), f/6, 1/160, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
こちらは父と子です。ひとしきり遊んだ後という感じでした。夕方の色味によく合います。
 
 
新宿御苑35
28-300mm(100mm), f/5.3, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ふと見ると、先ほどの女性がこちらを向いてポーズをとっているように見えました。無意識に動きが表現できる、こういった人にモデルをやってもらいたいと思いました。この画はあえてこの距離感にしましたら気に入った画が撮れました。
 
 
新宿御苑36
28-300mm(110mm), f/5.6, 1/200, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
先ほどの枯れ木並木の前にカップルが立っています。彼のほうがスマホで撮影していました。やはりベタですかw
 
 
新宿御苑37
28-300mm(78mm), f/5, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ずっとここに立っていた女性です。殆ど動かずにスマホ?をずっと見ていましたが人待ちでしょうか。しかし絵になります。
 
 
新宿御苑38
28-300mm(42mm), f/4.5, 1/1000, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
通行人を中心に、しかし後ろのビル軍が主役の画です。薄い水色のグラデーションの空と夕日にほのかに染まる雪が良い感じです。
 
 
新宿御苑39
28-300mm(300mm), f/6.3, 1/500, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル

雪の上をチョンチョンと小鳥が歩いていました。鳥の名前は分かりません。
 
 
新宿御苑41
28-300mm(28mm), f/4, 1/2500, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
逆光を使って少し濃い目の空の青です。右上がり画ですがあえて修正しませんでした。
 
 
新宿御苑42
28-300mm(100mm), f/5.3, 1/320, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
この日は雪と枯れ木と通行人とビルの日なりました。
 
 
新宿御苑43
28-300mm(70mm), f/4.8, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート, WBマニュアル
 
ベンチに三脚が置いてありました。これは忘れ物でしょうか、持って歩かないと置き忘れますね。
 
今回は以上です。
 
 
撮影している人が多く集まるところでは、同じように写真を撮っていてもいろんな人がいますね。向こうも私を見てそう思っているかもしれませんが。
 
どんなものが撮りたいのかは人それぞれですから、あまり自分の価値観のみで話すのははばかられますが、このサイトは私の空間ですのでお許し下さいね。
 
私は仕事柄もあり、構図とか目の付け所はそれほど悪くは無いと思うのですが、露出による色味の表現がまだまだ上手くできません。たまたま上手くいくと、自分でも良いと思えるとても気にいった画が撮れますが、それを“奇跡”の一枚にはしたくないです。
 
理屈ではわかっているつもりでも、ファインダーを覗いた途端に被写体に集中しすぎて、セッティングをよく見ていないということが日常的にあります。
 
これが失敗写真を量産してしまう一因だと思いますが、意識しなくても精度が上がるようにするためには、経験値を積み重ねるしかないと今は思っています。
 
クルマの運転がそうですが、考えてみると同時に色々な動作をしています。これは交通状況によって重点的に気をつける部分はありますが、他の部分は無意識のうちに、または連動して行っているものです。
 
アクセル、クラッチ、ブレーキ、ステアリング、合図、周囲の確認や法令、クルマや路面の状況などを、リアルタイムに判断し操作しているのですから改めて考えると凄いことです。
 
これもいきなり出来る人は殆どいませんから、センスや才能も必要とはいえ経験の賜物だといえます。カメラもクルマのように扱えるようになるには、まずは経験値を増やすことが大切なんだと思います。その先に行くのはその後ですね。
 
 
次回は今回の新宿御苑撮影の最終回です。宜しければまたお越しください。
 
 

新宿御苑撮影散策ガイド―季節の花と風景を訪ねる (NEWS mook)

木村 正博 三栄書房 2010-04-05
売り上げランキング : 1021458

by ヨメレバ

 
 
スポンサーリンク