今回はとある私がデジタルカメラの機種選びにおいて、知人やインターネットなどから情報を集めて、それほど長い時間ではないですがそれなりに悩んだお話をします。
 
案外近くにカメラ好きの人はいるものでして、それぞれみんな経験を持っています。やはり経験してきた人、特に自腹を切ってお金を払って経験してきた人は、どんな業界にいる人でも説得力があると個人的には考えていますので、なるべく理解しようと努力して話を聴いてみます。
 
その人は未だにフィルムカメラを愛用している人ですが、本人もデジタルカメラの購入を検討中らしく、その人がこれまで集めた情報を教えてくれました。
 

大事なのはCMOSセンサーの大きさ

これが大事だと言われました。CMOSセンサとはカメラが撮影する際に光を取り込むところなので大きい方がより多くの光を取り込めるからだと言っていました。同様の役割をするCCDセンサというものがありますが、CCDセンサの方が高価なんだそうです。
 
とあるイオンにあるスタバで珈琲を飲みながら話を聴いていたんですが、早速イオンのカメラ屋さんに連れて行ってもらっていろいろ見てみました。カールツァイスという高級レンズマニアの彼はソニーのデジカメを買うつもりのようです。
 
偶然カールツァイスつきのソニーの見るからにコンデジ風のカメラが置いてあったのですが、他にもある7〜8万円くらいの一眼レフよりもこのカメラの方が画質は良いはずですよ。と教えてくれたのがこれ。

by カエレバ

 
確かに見た目はコンデジですが、この展示商品の傍らに置いてあったサンプルプリントも立派な本になっていました。そして本に収められている写真も美しい発色の綺麗な写真ばかりでした。しかし価格が!
 
それはカールツァイスレンズを搭載しているということもあるようですが、良く見てみるとCMOSセンサーもフルサイズと記載されています。
 
フルサイズとは36mm×24mmというサイズです。
 
一般的なデジイチでは、APS-Cという23mm×15mm前後のものを使用しているらしいのですが、メーカーによっても多少大きさは違うようですので前後としました。(比較表参照)
CMOSセンサー比較
たとえ一眼レフでもAPS-Cだとフルサイズに比べてかなり小さいですが、それでもコンデジのCMOSセンサーに比べればとても大きいことが解ります。
 
さらにそのCMOSセンサーの面積の中で、例えば1mmの四角の中により細かくたくさん画素数を割り当てられるか、というような開発を各メーカーがしています。ですからCMOSセンサーが小さいのに画素数だけ多くても、物理的に多くの光を取り込めないので、例えば暗所での撮影などでは撮影結果に大きな差が出てしまうようなんです。
 
そこで、見ていたイオンのカメラ店よりも大きな家電量販店に行ってみて、さらに詳しくいろいろ見てみようと考えました。
 
某家電量販店に行ってみて感じたのは、どのメーカーも大きくPOP展開をしてはいるものの、表示方法がマチマチで私のような素人には比べようがありませんでした。キャノンはCMOSセンサーの大きさよりも画素数を前面に表示していましたし、ニコンはミリ単位でCMOSセンサーの大きさを表示していました。そういう点ではニコンの方が好印象でしたが、結局お店では実物に触れる以外はあまり比較はできませんでした。
 
デジタルカメラはいろいろなメーカーから出ていますが、個人的には業務用としてのニーズからくる知名度、また情報量の多さや汎用性から、最初からキャノンかニコンのどちらかにしようと考えていました。そしてあとは価格とカメラ本体の評判です。
 
その時点の価格帯を調べてみますとキャノンのEOS KISS x50というモデルが安いところですと3万円以下でした。もう予算的にはコレで決まりだったのですがw、ニコンの最安値のデジイチも調べてみますとD3100という2つ前のモデルが3万5千円くらいでした。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

主な決め手は2つ!

そして調べてみたらキャノンの方にはCMOSセンサーのゴミ除去機能が装備されていないという評価から、ネット上ではニコンの方が評価は高かったです。またCMOSセンサーの大きさもニコン23.1mm×15.4mm、キャノン22.0mm×14.7mmと、わずかですがニコンの方が大きかったですし、画素数も高かったニコンに軍配が上がりました。
 
実は他にキャノンに軍配が上がる項目もありましたけれど、あまり悩んでいてはいつまでたっても実行に移せないと感じていましたので、「エイヤ!」で決めてしまいました。あとメーカーそれぞれが施している画像処理エンジンについては、買って使ってみないと分かりませんから、購入時にはあまり考えないようにしました。
 
本当はどちらのメーカーの製品も、もうワンランク上の機種にしたほうが良いのでしょうけれど、今回突発的に購入したくなったことと、別の記事にも書きましたがやはり継続できるかどうか分からなかったので、今回は価格を最優先にしました。デジイチの場合はレンズまたは本体と、別々に買い足す事が出来ますし、良い機種を買った際に今回買ったものを予備機にしたりとかも出来そうですから取り急ぎ一眼レフの世界に足を突っ込むのが先という判断でした。
 
そして購入したのがニコンのD3100でした。余談ですが前述とは別の友人が、私よりも少し前のタイミングでニコンD5200を購入したのですが、彼も初心者です。どうしてその機種にしたのか聞いてみたら「シャッター音がカッコ良かったからです!」と言い切っていました。実はそういうところも大事なのだと私も本気で思っています。
 
さあ!それでは撮影してみますよ〜!
 
 
スポンサーリンク