今回は予定を変更しましてロケーション撮影以外の記事にさせていただきます。
 
先日、とある理由から画像情報をいろいろと見ていましたら、D7100のシャッターカウントが4100回を超えていました。D7100は購入時のカウントがゼロではなく108回でしたので、約4000回シャッターを押していることになります。
 
D7100カウント
【D7100】4113回-108回=4005回
 
D3100を買った時にはシャッターカウントなんてものがあることも知らなかったので、使用前にやったのは充電くらいwでしたが、旧型とはいえ新品ですからD3100もD7100と同じような感じだと思っていました。しかし最初に撮った写真を調べてみたらカウントはなんと1でした。
 
D3100カウント
【D3100】6243回
 
D3100のカウントが1から始まっていたのには驚きでしたが、D7100に関してはアウトレットでの購入という事情もあるのかも知れません。どちらにしても100%自分だけがシャッターを押しているわけではありませんからほんの少しの誤差はあります。
 
それでも自分で1万回以上のシャッターを押したと思うとちょっとした達成感があります。
 
ただぶっちゃけちゃいますと頑張って撮影した1万枚の写真も、データを残しているのは半分以下という決定力不足も露呈していますw。まあ選ぶ際に写真データがあまり残らないように意識して削除していることもありますが、決定率が上がればそれほど多くのシャッターを押す必要はなくなるかも知れませんね。
 
シャッター数、どこかの通販サイトのレビューなどを読んでいると3ヶ月で5万シャッターとかいう強者もいるようですが、#BOSO写真部の仲間内で私はダントツにシャッター数が多いですしね。ですから一般的に見て11ヶ月間で1万シャッターというのが多いのか少ないのかは分かりません。
 
誰かと較べるという意味ではなく、自分の中で振り返ると結構シャッターを押したな〜などと感じています。それらを踏まえ、そろそろ初心者という自分に対する形容を変えたほうが良いかと思い始めました。
 
当然初心は忘れてはいけないと思いますが、初心者というのは何も理解できずに使っている状態を指すと個人的には思っていて、少しずつ理解してきている現在は多分初心者ではないな。と、そう考える次第です。
 
来月にはデジイチを始めてから丸一年が経ちますし、いつまでも初心者ではいけない気がします。カメラには級とか段とかのレベルを表す仕組みが一般的にはないと思いますから自称にはなるのですが、1万シャッターを超えたところで初心者を卒業して初級者になると宣言しますw w w
 
冗談はさておき、例えば誰かに指導してもらった時にある程度理解して行動できる技術と知識を持っているのが初心者からの卒業だと思います。ですがそこをクリアしたとしても、とても長いキャリアを積んでいる人が多い世界でもありますので、たかだかキャリア一年くらいで中級者になれるなんて微塵にも考えていません。
 
そういった意味からの初級者ですが元々肩書など好きではない私ですから、あまり形容とかは気にせずにこれからも楽しんで撮影できればと思います。
 
 
そしてちょっと前から新たなチャレンジを始めました。フリー素材を提供するとある画像サイトに登録して少しずつ投稿を始めました。これでまたひとつ自分自身を奮い立たせる課題を持つことができます。
 
先述した画像情報を見ていたキッカケは素材サイトにアップする際に、Exif情報を消去するためという理由からでした。
 
はじめはフリー素材サイトに登録したことをこのサイトでは触れないつもりでしたが、私が撮った写真は殆どこのサイトで公開していますから、このサイトで使われた写真の多くがその素材サイトでも公開されていきます。
 
そういったところから遠回しにその写真は同一人物が撮りましたよ。。。ということを伝えたかったのと、このサイトで公開している画像のサイズが小さいので、大きい画像を提供したり共有したりする機会があった場合にラクになるからです。
 
初心者の分際で素材提供などと大それたことを、、、とも考えましたが、選ぶのも使うのも私ではなく利用する方々なので、良いと思われなければダウンロードされないだけだと思いますから思い切って参加することにしました。
 
最新画像(D7100の4113回目のシャッター)
しぶりん生茶
28-300mm(300mm), f/6.3, 1/200, ISO3200
 
ローソンで買ったアイドルマスターシンデレラガールズ限定デザインの渋谷凛バージョンの生茶ですw いやこれはネタじゃあありません。作品もキャラクターも好きですが、室内でペットボトルを撮るのって難しいと思います。光の加減とかが特に。。。(部屋の照明が写り込んでるし…)
 
最近は以前ほど外での撮影ができないので、思いつきでいろいろなものを室内で“ブツ撮り”したりしています。以前に作ったレフ板を使ったり使わなかったり、またiPhoneの照明機能を使ったり使わなかったりなど、いろいろ試して練習しています。
 
フィギュアやミニカー、腕時計などの撮影もしてみたいですが、段取りが面倒なのと部屋が散らかるのでまだチャレンジしていません。これは時間を作ってじっくりとやりたいところです。
 
といった近況をお伝えしたところで、これからも少しずつでも上達できるよう精進したいと思います。
 
 
宜しければまたお越しください。
 
 

スタイリングで見せるくらし写真 テーブルフォトの撮り方教室

Windy Co. 朝日新聞出版 2014-09-19
売り上げランキング : 123595

by ヨメレバ

 
 
スポンサーリンク