ニコンから1.4倍テレコンバーター内蔵の超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」が発表されました。2018年3月9日に発売される予定です。
 

(画像はスクリーンショットです)
 
純正メーカーとしてはとても精力的に新機種レンズを発表している感があるニコンですけど、全く新しいレンズもあれば従来ラインナップレンズのモデルチェンジ版もあります。
 
正しい見方かどうかは分かりませんけど、「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」は、「AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II」の後継モデルという見方が一般的だと思います。最近のニコンはGタイプレンズをEタイプレンズへとモデルチェンジを進めています。
 
Eタイプレンズの特徴として、レンズマウントから絞り羽根までの距離が長くなる超望遠レンズに、特にテレコンバーター使用時においての高精度な絞り制御を実現できる(ニッコールレンズカタログ参照)ということで、「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」は、とってもEタイプレンズ向きなんだろうと思います。
 
レンズタイプの変更に伴い、従来モデルからワイド側に画角を広げて、蛍石レンズを採用した上にテレコンバーターを内蔵、テレコン使用時にはテレ端で560mmまで寄れるという税込み1,589,760円(希望小売価格)の、とてもキャッチーですけど高価なレンズです。
 
一般的にはなかなか売れないだろうと思われるレベルの製品ですけど、ぜひとも使ってみたいと思わせるレンズです。
 


AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR|カメラのキタムラネットショップで価格をチェック!


 
 
さて、いつもの外房で、いつもの海、空、町を撮った2回目です。日の出前から撮りはじめて、少し日が昇ったところで近所を歩き始めましたけど、また海に戻ってサーファーや地元のボランティアの方々などを撮ったりしました。
 
 
撮影は愛機ニコンD810、レンズは標準ズームレンズ(AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)、望遠ズームレンズ(AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED)、単焦点レンズ(Carl Zeiss PLANAR T*1.4/50mm ZF.2)を使っています。撮影時WBはオートですがRAW現像の際に補正していて、RAW現像はLightRoomCC、補正はPhotoshopCCを使用しています。
 
 
一宮海岸〜付近30
D810, 50mm, f/8, 1/200, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
前回記事から町歩きの続きです。 ミラーに白い軽トラが写っていますけど、この軽トラ専用のミラーでした。ミラーを主役にして撮りました。
 
 
一宮海岸〜付近31
D810, 50mm, f/8, 1/250, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
海に向かって自転車を漕ぐサーファーです。すでにウェットスーツを着ていて、自転車にはボード専用キャリア、こういった生活に憧れる人もいることでしょう。
 
 
一宮海岸〜付近32
D810, 50mm, f/8, 1/500, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
ふたりの自転車を見送りながら、縦構図にして青空のグラデーションとグレーのアスファルトに注目してみました。
 
 
一宮海岸〜付近33
D810, 24-120mm(120mm), f/8, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
海岸に戻ってレンズを24-120mmに交換します。地元のボランティアの方々が海岸のゴミを拾いながら歩いていました。お散歩犬が可愛かったです。
 
 
一宮海岸〜付近34
D810, 24-120mm(50mm), f/8, 1/1000, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
またもやいつもの定位置からの撮影ですけど、波と水平線まで水面が輝く朝の外房は堪りません。砂浜の足跡もなかなか良い雰囲気でした。
 
 
一宮海岸〜付近35
D810, 24-120mm(24mm), f/10, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
広角端にして太陽を入れて、絞った上にアンダー目にして撮りました。地元ボランティアの方々も入って、広角らしい画になりました。
 
 
一宮海岸〜付近36
D810, 24-120mm(120mm), f/10, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
日が昇って、サーファーの人数も増えてきて海の上が渋滞してきました。
 
 
一宮海岸〜付近37
D810, 24-120mm(24mm), f/10, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
2枚上の画像と似た画ですけど、今度は人を入れずに風景のみを狙いました。太陽の上に目障りなフレアゴーストが出てしまいました。
 
 
一宮海岸〜付近38
D810, 70-300mm(300mm), f/10, 1/400, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
ここで望遠ズームに交換します。砂浜にとても近いところでパドリングをしている人がいましたが、300mmでも顔が認識できるくらい近いです。
 
 
一宮海岸〜付近39
D810, 70-300mm(300mm), f/10, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
防波堤に近いところで派手な波に乗っているサーファーを捉えました。激しい波しぶきがアグレッシブな雰囲気です。スロー連写で追いますのでカメラの設定は同じですが、手持ち撮影で追っているため構図はテキトーです。
 
一宮海岸〜付近40
 
一宮海岸〜付近41
 
一宮海岸〜付近42
 
一宮海岸〜付近43
 
一宮海岸〜付近44
 
一宮海岸〜付近45
 
一宮海岸〜付近46
 
一宮海岸〜付近47
 
 
一宮海岸〜付近48
D810, 70-300mm(300mm), f/10, 1/320, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
一方、先程の砂浜に近いところにいたサーファーです。こういった画を撮るともっと長いレンズが欲しくなります。
 
 
一宮海岸〜付近49
D810, 70-300mm(300mm), f/10, 1/320, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
次もスロー連写で捉えたサーファーの画です。ファインダーで覗いていると、サーファー同士の距離が近く見えて接触しないかとドキドキしてしまいます。これもカメラセッティングは同じです。
 
一宮海岸〜付近50
 
一宮海岸〜付近51
 
一宮海岸〜付近52
 
一宮海岸〜付近53
 
一宮海岸〜付近54
 
一宮海岸〜付近55
 
 
一宮海岸〜付近56
D810, 70-300mm(300mm), f/10, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
ボードを抱えて海から上がってくるサーファーです。水面のキラキラとサーファーのシルエットが絵になります。
 
 
一宮海岸〜付近57
D810, 70-300mm(122mm), f/10, 1/640, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
引いた感じも撮りました。
 
 
一宮海岸〜付近58
D810, 70-300mm(300mm), f/10, 1/500, ISO100, 撮影モード絞り優先オート
 
今度は大きく寄ってフォーカスを波に合わせることで人をボカしています。この画は気に入っています。
 
今回は以上です。
 
 
記事上では快晴の一宮海岸でサーフィンをする人や町などを撮っていますけど、リアル時間軸の今日、関東地方は大雪に見舞われていて、首都圏では交通が麻痺したり停電になったりと大変なことになっています。私の住む木更津でも停電している世帯があるようです。
 
ウチも停電してしまうんじゃないかとドキドキしながらこの記事をまとめていますけど、私は昔から雪が嫌いですから明日の朝のことを考えると憂鬱で仕方ありません。
 
川口に住んでいた私が、木更津に移住することを決めた大きな理由のひとつに、埼玉に比べると千葉は雪が少ないという理由がありまして、これは渋滞が少ないのと同時に、自分の中ではとても大きな移住理由でしたので、積もるほどに雪が降ってしまうのが我慢できないくらい嫌です。
 
ただそんな雪の日にも良いことはあって、駐車場や家の前の雪かきをする際に、めったに話さない近所の方とのコミュニケーションが取れるので、そこだけは唯一楽しかったりします。でも明日は平日ですから、私も含めてあまり多くの時間作業できないと思うのでそこは残念です。
 
最近ではInstagramでも雪の画像が多く投稿されていて、中でも雪だけがアニメーションになるアプリ↓も流行っているようで、静止画だけれど雪が降っているといった画像も多く見られます。
 


 
雪が大嫌いな私ですけど、日本人としてなるべく四季を楽しめるよう、心がけたいと思います。
 
 
次回も今回の続きで海でいろいろ撮っています。宜しければまたお越しください。
 
 
スポンサーリンク