早くも12月に突入しました。歳を取ると、時が経つのがあっという間だと感じますし、記憶も怪しくなってきます。と言いますのも、実は先週、とある写真展にhologonさんの写真が展示されているということで一緒に見に行ってきました。
 
そんなことからこのサイトで写真展の告知をしようと思っていたのですが、すっかり忘れてしまいました。
 
写真展に行ってからふたつの記事を更新しましたが、ひとつ目の更新のあとに「あ!忘れてた、次の記事の時に告知しよう」、そして前回記事でもすっかり忘れていたら写真展は終わってしまいました。
 
hologonさん、ごめんなさい m(_ _)m 最初の記事で気づいた時に追記しておけば良かったと反省しています。
 
 
さて、今回は「木更津航空祭 2015」の4回目、最終回です。
 
身近で動いているヘリコプターや展示されている機体を撮ったりしてきましたが、今回は屋内に展示されている機体を撮ったりもしました。光が足りないためのブレや、高感度にしたことによるノイズも気になるところですが、屋内ならではの画像も撮れました。
 
集中がそれほど長くは続かない私ですし、2時間足らずで682枚も撮っていましたので、時間はそれほど長くはありませんでしたが、ある程度は満足して帰路につきました。
 
心残りは模擬戦闘訓練が見られなかったことですが、それは他の機会にでも見られれば、その時に撮りたいと思います。
 
 
撮影は愛機ニコンD7100、レンズは標準単焦点の(AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)と、望遠ズームの(TAMRON AF28-300mm f3.5-6.3 XR Di ASPHERICAL A061N)を使っています。撮影時WBはオートですがRAW現像の際に若干補正しています。RAW現像はLightRoomCC、補正はPhotoshopCCを使用しています。
 
 
木更津航空祭2015_82
28-300mm(28mm), f/3.5, 1/4000, ISO250, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
クルマは入場渋滞で、人もたくさん来て賑わっていましたが、とても広い敷地なので案外空いて見えるかもしれないの画です。大きな倉庫みたいなガレージみたいな建物が並んでいますが、すべての建物の中で様々な催しが行われていました。
 
 
木更津航空祭2015_83
28-300mm(38mm), f/4, 1/3200, ISO250, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
振り返るとヘリはまだまだ離着陸を繰り返しています。
 
 
木更津航空祭2015_84
28-300mm(240mm), f/6.3, 1/640, ISO250, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
管制塔の近くを歩いている自衛官が目に止まりました。折角の望遠レンズなので、管制塔と合わせてフレームインです。しかし狭いですね。個人的には好きじゃあありません。
 
 
木更津航空祭2015_85
28-300mm(60mm), f/4.5, 1/500, ISO250, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
看板好きなので大きな文字を見ると、構図を取りたくなります。建物の中ではご当地ヒーローショーがやってました。
 
 
木更津航空祭2015_86
35mm, f/1.8, 1/250, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
室内なので、明るい単焦点35mmに付け替えて、ISOも上げました。屋内で見ると印象が変わりますが、この機体は壊れているようでした。向かって左側の養生シートが物語っています。
 
 
木更津航空祭2015_87
35mm, f/1.8, 1/100, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
これはクルマを撮っているように見せかけての鉄骨萌えです。しかしクルマが良いアクセントになりました。
 
 
木更津航空祭2015_88
35mm, f/1.8, 1/200, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル

我慢できずに天井を撮ります。鉄骨の取り回しがカッコ良いです。
 
 
木更津航空祭2015_89
35mm, f/1.8, 1/200, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
ハマってしまいましたw
 
 
木更津航空祭2015_90
35mm, f/2, 1/250, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
単焦点っぽい画も撮りました。この機種、すごく小さかったです。
 
 
木更津航空祭2015_91
35mm, f/10, 1/500, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
単焦点で外が撮りたくなりました。狙いどころのない、ちょっと広過ぎな画になってます。
 
 
木更津航空祭2015_92
35mm, f/10, 1/500, ISO200, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
きっちり絞って撮りました。走り回って遊んでいる子供が可愛いです。
 
 
木更津航空祭2015_93
28-300mm(46mm), f/4.2, 1/250, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
上の2枚の画が広すぎたため、またズームレンズを取り出しました。Lightroomで白い機体の立体感を踏まえた色味調整は楽しいです。
 
 
木更津航空祭2015_94
28-300mm(38mm), f/4.5, 1/125, ISO800, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
ズームレンズのまま屋内に戻って撮りました。暗いレンズなのでISOを上げています。
 
 
木更津航空祭2015_95
28-300mm(70mm), f/4.8, 1/1600, ISO800, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
どうせ暗いのならと、シルエット風に切り取ってみます。光にカメラを向けて撮るので、ちょっぴり期待していましたが、残念ながらかなりノイジーでした。
 
 
木更津航空祭2015_96
28-300mm(65mm), f/4.8, 1/1250, ISO800, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
これもシルエット風です。こちらの方が影の部分が多くなる画にしました。自分としてはこっちの方が好みです。
 
 
木更津航空祭2015_97
28-300mm(70mm), f/4.8, 1/125, ISO1250, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
屋内の奥の方でもズームレンズを使い始めました。今回の撮影ではズームレンズの方が構図を決めやすいです。
 
 
木更津航空祭2015_98
28-300mm(60mm), f/4.5, 1/100, ISO1250, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
屋内ならではの機体のカラーです。あまり派手にしすぎないようにします。
 
 
木更津航空祭2015_99
28-300mm(28mm), f/4.5, 1/100, ISO1250, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
鉄骨とヘリの競演ですw こんなんばっか撮ってますね。
 
 
木更津航空祭2015_100
28-300mm(50mm), f/4.5, 1/640, ISO1250, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
グラマラスボディです。機体に反射する光のカーブが良い感じです。
 
 
木更津航空祭2015_101
28-300mm(55mm), f/5, 1/80, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
手前ボケで撮ってみます。機体の下に見えている人の足がシュールですw
 
 
木更津航空祭2015_102
28-300mm(300mm), f/6.3, 1/2000, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
そろそろ帰ろうかと歩き始めます。シャッタースピードは稼げているのにブレました。
 
 
木更津航空祭2015_103
28-300mm(70mm), f/4.8, 1/1600, ISO400, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
ガンダムチックな画になりました。
 
 
木更津航空祭2015_104
28-300mm(28mm), f/5.6, 1/800, ISO200, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
迷彩色も良いですが、こういった鮮やかなカラーも良いです。
 
 
木更津航空祭2015_105
28-300mm(32mm), f/6.3, 1/800, ISO200, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
やはり大きく書かれた文字には反応してしまいます。しかしそれ以外も見どころがある画像になりました。
 
 
木更津航空祭2015_106
28-300mm(70mm), f/4.8, 1/1000, ISO100, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
感度を下げて、黄昏感を強調してみました。
 
 
木更津航空祭2015_107
28-300mm(120mm), f/5.6, 1/640, ISO200, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
“祭りのあと”ってな感じをイメージしました。
 
 
木更津航空祭2015_108
28-300mm(92mm), f/5.3, 1/640, ISO100, 撮影モード絞りオート, WBマニュアル
 
あれほど人が群がっていたのに、今は誰もいなくなりました。あの照明の柱につかまって暴風の中ヘリを撮っていたのが懐かしいです。1時間ほどしか経っていませんがw
 
今回は以上です。
 
 
なるべく人を写さずに、記念写真みたいな構図も避けようとした今回のような狙いの場合にはズームレンズが良いと感じました。しかし手ぶれ補正が付いていない上にF値も暗いので苦労しますね。
 
明るいズームレンズとなると滅法高価ですから、私の中のプライオリティでは上位に上がってきません。この日、何人もスレ違いましたが、そういったレンズを持っている人が多いのも頷けますね。
 
カメラは同じように見えても、使う人の志向によって実は人それぞれ違うというのが楽しいです。
 
そして私は現在、買ったばかりのプラナーにハマっています。そうなると被写体を考えて狙うというよりも、道具からイメージできる画といったような狙いになっている気がします。
 
これは本来の自分とは違う気がしますが、今は病気のようなものなので仕方がないと自分では考えています。ということで、やっとプラナーで撮った画を次回でご紹介できます。
 
しかしプラナーは思っていた以上に難しいと感じていて、絞りによる変化やシビアなピントなど、思い通りに撮ろうとするとレンズの持つ表現力を使いこなせていないのが丸わかりでちょっとつらくなったりもします。
 
それでもたまに撮れる良い画を見てしまうと、もう後戻りできなくなりますw
 
そんな買ったばかりのプラナーを使いたいだけで行った袖ヶ浦公園で撮影した画像を次回はご紹介したいと思います。宜しければまたお越しください。
 
 

by カエレバ

 
 
スポンサーリンク