ニコンから新しい一眼レフカメラが登場!!

本来であれば撮影ロケーションの記事をご紹介する予定でしたが、ニコンの海外サイトで興味深い記事が載りましたので取り急ぎご紹介したいと思います。
 
それはニコンのデジタル一眼レフカメラの新機種D5500の登場記事でした。パッと見、スペックを見ただけで「これは売れそうだな」という予感がする機種で、魅力的だと感じます。
 
ニコンD5500スクショ
画像はスクリーンショットです。
 
早速、D7100購入時にお世話になった「三井アウトレットパーク木更津」にある「ニコン木更津アウトレット店」に電話をして聞いてみましたよ。そうしましたら、まだ日本では未発表ということで詳しいことは何も教えてもらえませんでした。
 
しかし私は近日中に国内でも発表されると勝手に考えていますので楽しみに待ちたいと思います。
 

「ニコン木更津アウトレット店」では新春セール開催中!

ニコン木更津アウトレット2
ちなみに、現在「ニコン木更津アウトレット店」では、新春セールとして3連休いっぱいまで10%OFFセール、そして福袋なども絶賛発売中だということです。スタッフの皆さんがとても親切で購入アドバイスも適切ですのでぜひ行ってみてくださいね。
 
 

D5500のここが気になる!

D5500ですが、実機が触れるようになるのはまだ先のことのようですが、現在分かっている部分だけでも、私個人の意見も述べつつお伝えしておこうと思います。
 
・APS-C・2420万画素のローパスCMOSセンサー
・小型・軽量化を実現 420gの軽量ボディ
・タッチ操作が可能な3.2型バリアングル液晶
・ISO値100-25600
・WIFI搭載
 
などなどです。
 
これからは私感ですが、画像についてはD5300と画像処理エンジンが同じことからそれほど大差はないと考えられます。しかしこれまでも特にローパスフィルターレスの画質はとても良いと感じていますから、大差がなくても問題ないと思います。ISOが25600まで使用できるようになったのは大歓迎ですが、実際に撮影して実用的かどうか判断したいところです。
 
ただ特筆すべきはその操作性と小型軽量化です。
 
最小・最軽量といえば、キャノンEOS Kiss X7の370g(本体のみ:カタログ値)がありましたが、D5500もそれに近い感じになりますね。これも公式に発表されればどちらがどうかなどはっきりしますが、X7を持った時の驚きったらありませんでしたから多分実機を持ったら驚くでしょうね。
 
ただ、この小型化というのには逆の効果もあって、安心や安定、ホールド感といった部分がどうかという心配もあります。
 
そしてこれがD5500一番のウリだと思いますが、バリアングル液晶をタッチ操作できるという機能です。ファインダーを覗きながらタッチでAFポイントを指定できるのはとても便利ですね。今のところD7100のAFを上手く使いこなせていない私にはとても興味があります。
 
上述したようなスペックから個人的にはバカ売れの予感を感じつつ、正式な発表を待ちたいと思います。
 
 
最後にYoutubeにD5500の動画がありましたのでご紹介しておきます。
 
 
Nikon D5500: Share Your Creative Touch|Nikon Asia

 
 
Nikon D5500: Product Tour|Nikon Asia

 
 
次回はロケーション記事に戻る予定です。宜しければまたお越しください。
 
 
追記:日本のニコンからも正式に発表されました。
 
参考リンク:Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 スペシャルコンテンツ | ニコンイメージング
 
 
 

by カエレバ

 
 
スポンサーリンク