アウトドア&スポーツ ナチュラム
新年あけましておめでとうございます。
本年もみなさまにとって素敵な一年になりますよう心よりお祈り申し上げます。
 
今年も「とある私のデジタル一眼レフカメラ奮闘記」をよろしくお願いいたします。
 
 
簡単ですが、ご挨拶させて頂いたところで早速、通常記事にさせて頂きます。
 
前回記事の「自分の中でウワサの海中電柱の撮影に挑戦!でも海中じゃなかった件w」の同日少し前の時間に夕日富士の撮影に挑戦していました。なんとなく縁起が良いということから年始の記事にスライドしての更新にしてみました。
 
写真撮影にはほぼ例外なく被写体がありますね。富士山といえば誰しもが一度は撮影したことがあると思います。カメラの性能によっては肉眼で見えているのに写真に写らないなどという話も結構多く聞きますが、それでも富士山が綺麗に見えているとカメラを問わず、撮影を試みるのではないでしょうか。
 
それほどまでに魅力的な被写体ですが、撮影してみて感じたのはやはり富士山は強い被写体だということです。私のように目に付いたものを直感的に撮る人にとってはとっても強さを感じます。
 
それは主役以外の仕事は受け付けないという大御所俳優のように、すべての美味しいところを持って行ってしまいます。
 
今回あえて富士山を脇役にしたりのチャレンジもしていますが、なかなか手強かったですw 別にど真ん中で大きく撮れば良いのですが、やはり自分流を追求したい私でした。
 
撮影は愛機ニコンD7100、レンズは愛用の単焦点レンズ(AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)と、望遠ズームレンズ(TAMRON AF28-300mm f3.5-6.3 XR Di ASPHERICAL A061N)を使用しました。ホワイトバランスはオートです。
 
夕陽富士01
28-300mm(92mm), f/5.3, 1/50, ISO400
 
ちょっと夕日が美しくないですが海の青は綺麗です。そして富士山、さすがの存在感です。
 
 
夕陽富士02
28-300mm(78mm), f/5, 1/50, ISO400
 
移動したら海が赤く写り込んでいました。微かですがリフレクションも入って赤みも増えてきました。
 
 
夕陽富士03
28-300mm(65mm), f/5, 1/50, ISO400
 
少し引きにして空の青から夕日へのグラデーションを意識して撮りました。飛行機が飛んでいます。
 
 
夕陽富士04
28-300mm(65mm), f/5, 1/50, ISO400
 
ここでお馴染み縦構図のお時間です。私の個人的な定番、空の大きさを意識してのフレーミングです。
 
 
夕陽富士05
28-300mm(42mm), f/5, 1/50, ISO400
 
時間が経つに連れて赤みが増していきます。
 
 
夕陽富士06
28-300mm(46mm), f/5, 1/50, ISO400
 
富士山を左に据えて、上の写真に写っている下側の水面は入れずにフレーミングしました。
 
 
夕陽富士07
28-300mm(110mm), f/5.6, 1/50, ISO400
 
リフレクションを意識しながらのほぼ日の丸構図です。
 
 
夕陽富士08
28-300mm(135mm), f/6, 1/50, ISO400
 
さらに強調してみます。
 
 
夕陽富士09
28-300mm(28mm), f/4.5, 1/60, ISO640, なぜかフラッシュ作動w
 
どうせならコテコテのコントラストにしてみようと思ってモードダイヤルを“AUTO”(オートモード)にして撮ってみたら、なんと内蔵フラッシュが焚かれてしまいましたw 何がどう関わっているのかは想像でしか分かりませんが、狙い通りのコテコテ感は出ています。
 
 
夕陽富士10
28-300mm(42mm), f/5, 1/50, ISO400
 
フラッシュを切って、AUTOのまま撮影したのがこちらです。さすがに良い感じに明るく高コントラストの画像になりました。他に“SCENE”(シーンモード)などでも美しく撮影できる予感がします。(この時点ではあまり興味がなかったので試しませんでした)
 
 
夕陽富士11
35mm, f/3.2, 1/30, ISO1600
 
またマニュアルに戻していつもの単焦点で“自分らしさ”を探してみます。富士山を漁船の船首にあったオブジェの脇役にしてみました。
 
 
夕陽富士12
35mm, f/3.2, 1/30, ISO1600
 
単焦点で水面と空、そして富士山を意識して撮りました。良いグラデーションだと感じます。
 
 
夕陽富士13
35mm, f/3.2, 1/30, ISO1600
 
今度は富士山が脇役という感じではなく背景として扱ってみました。船のシルエットと水面のグラデーション、そして強い富士山の構図です。
 
 
夕陽富士14
35mm, f/3.2, 1/30, ISO1600
 
性懲りもなく手前にゴタゴタ置いてみましたが、、、これはまるで、クラスで友人たちと雑談しているけど、友人の肩越しに見える好きな娘を目で追いかけてしまう、的な!アレですなこれは。
 
 
夕陽富士15
35mm, f/3.2, 1/30, ISO1600
 
オーソドックスに単焦点で狙っていますが、右側雲が水面に写って綺麗です。
 
 
夕陽富士16
35mm, f/3.2, 1/30, ISO1600(三脚使用)
 
三脚にセットして手持ちのように撮りました。何の捻りもありません、次の写真の前フリです。
 
 
夕陽富士17
35mm, f/8, 13, ISO1600(三脚使用)
 
はっはっは w w w!なんだこれは!!ISOを下げるのを忘れました。この日の富士山撮影はここで終了です。
 
 
年始早々失敗写真を積極的にご紹介する私です。撮影の仕方とかテクニックガイドとかの数あるサイトとは違い、初心者が間違え経験しながら少しずつ育っていくさまを綴るこのサイトのスタイルは今年も貫いていきたいと思います。
 
これからも「あ、こいつやっちゃったw」とか「あほ!そうじゃなーい!」とか突っ込みながらお読み頂けると嬉しいです。しかし直接言われると再起不能になってしまうかもしれませんので、悪口は聞こえないところでお願いしますねw
 
それでは今年も変わらぬスタンスで行きたいと思います。次回は秘境探検をした時の話になる予定です。
 
 
宜しければまたお越しください。
 
 

世界遺産 富士山 絶景四季の撮影ナビ (Motor Magazine Mook)

中橋 富士夫 モーターマガジン社 2013-07-18
売り上げランキング : 401505

by ヨメレバ

 
 
スポンサーリンク