アウトドア&スポーツ ナチュラム
 
え〜〜〜、ゲフンゲフン…
本日は番組の予定を変更しまして「とある私のデジタル一眼レフカメラ奮闘記」管理人であるWhiterからの謝罪会見を行います。
 
これまで散々次に買うのはフルサイズだとか、前回の記事でも「何を持っているかではなく、何をするかだからね」などとのたまい、D3100のシャッター数を5万回まで使うなどとまで言っていた私でしたが、結局ニコンのD7100ボディを買ってしまいました。
 
結果として嘘をついてしまったことを謝罪したいと思います。誠に申し訳ございませんでした。
 
・・・
 
しかしこれは決して私が悪いのではありません。秘書が勝手にやったことです!これはうちわじゃあありません、カメラです!
 
前回記事の「市原市高滝湖で湖面に写る光を中心にいろいろ撮ってみた」にも記述がありますが、金曜日に「ニコンショップ木更津アウトレット店」から得た情報を、一眼レフへの転向を考えD7100を購入候補にしているRX100使いのTさんを煽ると云いますか、情報提供したと云いますか電話をしました。
 
電話では案外そっけない態度だったTさんでしたが、その日の夜遅くにTさんの会社の“#BOSO写真部”紅一点のSさんからメールが来て、添付写真がNIKONと大きく書かれた買い物袋wの写真だったのです。
 
翌日Tさんに電話しましたらTさんはD7100の16-85mmレンズキットと単焦点35mm、SさんはD3300のダブルズームキットを買ったということで、Tさんは自分が煽ったのでなんですが、まさかSさんまでもが買うとは夢にも思っていませんでした。
 
そこでTさんからニコンショップで買うと保証が3年だとか、価格もやはり最安値だったとか、どうせ買うのならお得な時に買うのが良いよね。とか、逆に私が煽られる始末でした。ですから私が悪いんじゃありません。TさんとSさんとニコンさんが悪いんです(しつこい)
 
そういったことから実は金曜日の夜もほとんど寝ずに情報収集していたのですが、土曜日も同様な感じでいろいろ考えていました。
 
日曜日は袖ヶ浦に写真展用の撮影に行くというMOTO君に、私も同行してロケーションアドバイスをする約束をしていましたが、朝電話でお願いして開店直後のニコンショップに行かせてもらいました。
 
D7100
(D3100で撮影)
 
所要時間は約15分、駆け足で買い物をしたのでした。
 
私がショップスタッフと話していましたら、となりのレジでD4Sを買うお客さんがいて、スタッフと私とMOTO君は顔を見合わせてちょっと苦笑い。そんなこんなで短かったですが楽しい時間でした。あとでMOTO君が、ニコンショップ開店30分くらいで60万円くらいの売り上げでしたね。なんて言って2人で笑っていました。
 
買う方にとっては20%割引きは開店直後に駆け込みたくなる魅力がありました。だってD4Sなんて12万円近くも安くなりますから、先ほどのTさんではないですが、どうせ買うのならお得な時が良いよね。ということなのだと思います。
 
このサイトではD3100で撮った写真のストックがまだまだありますので、すぐにD7100のレポートをすることはないですが、その日2台持ちでいろいろと撮りましたので比較もしながら写真もご紹介したいと思います。
 
実はD7100にもちょっとした不具合が出ていまして、これから調べますがエラーが出てシャッターが切れないことがあります。結構頻発するのでこれからいろいろ調べるところですが、Tさんのには出ていない症状のようですので、調べて原因が分からなければニコンに持ち込まないといけないかもしれません。
 
画質は言うまでもなく美しく高詳細ですので、このカメラでなら私にも“空気感”が取れるかもしれないと思わせてくれるものです。
 
買ってすぐにマニュアルで撮り始めてしまったので、いろいろ搭載されている機能は全くと言っていいほど使っていませんが、これまでと同じように撮るだけでも素晴らしい画を吐き出してくれます。
 
もしD7100で私が撮った写真にご興味のある方は、近々Instagram(@dsn_whiter)にはアップする予定ですので、そちらを見てみてくださいね。下手ですが道具が良いと結果も良いという典型の写真をアップします。
 
その写真は、最近MOTO君と2人の間で流行している2人だけのネタ系ハッシュタグを付けます。これまでは「#単焦点縛り」というものを使っていますが、次は「#ベタから逃げちゃいかん」というハッシュタグを付けます。その名の通りベタな写真をアップするつもりです。
 
これから画像を選ぶのですぐには上げられませんが、早めに上げるつもりです。
 
しかし言っていることがコロコロ変わったり、上達したり、でもすぐに失敗したりと、少なからず良くないという捉え方をする方もいらっしゃるかも知れませんが、等身大の初心者の心情を素直にそのまま記事にしていますので、時系列や出会いなどによって、これからも考えや取り組みを変える可能性がありますことをご了承頂ければと思います。
 
 
それでは次回から平常運転にするつもりです。宜しければまたお越しください。
 
 

by カエレバ

マジで買っちゃったD7100
 
 
スポンサーリンク