素材サイトのPIXTAに、試しに9枚の写真を審査に出したところ4枚がNGになりました。元々素材用に撮ったものではないからか、素材に向いていないと判断されたものと、ピントが甘かったりの技術的に未熟なところがNGの主な理由だったようです。
 
自分の技術は自分なりに自覚しているつもりですが、改めて言われるとショックを受けますねw しかし初級者で下手くそな私の技術は、これから上達するばかりだと思うので、闘志も湧いて、より楽しくなってきました。
 
フリー素材の方はなんとその後もダウンロードが増え続けていて、ここ数日は一日に30ダウンロードくらいはされています。とは言っても人気の素材は限られているのですが、ダウンロードして使って頂けるのであれば私も嬉しいです。
 
さて、三脚を買ってから、これまでのように歩きながらの撮影が減ってきていると感じていた私は、歩きながら撮影したいと考えていました。本当は県外に行きたかったのですが、比較的近いところで自分好みの写真が撮れそうなスポットを探していました。
 
そして向かっている道すがら、今回ご紹介する「上総鶴舞駅」の前を偶然通り掛かりましたので、少し寄り道して写真を撮りました。これまでも「「ゆるゆり♪♪」の聖地、上総牛久駅とアクアラインマラソン開催時の木更津上空」で、小湊鉄道はちょっとだけ撮影していますけれど、駅にほど近い踏切から見たホームの雰囲気がとても良かったので立ち寄ることにしました。
 
撮影は愛機ニコンD7100と35mm単焦点レンズ(AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)、大好きな“単焦点縛り”で撮っています。
 
上総鶴舞駅01
35mm, f/10, 1/320, ISO200(WBオート)
 
上総鶴舞駅は現在無人駅ですが、関東の駅百選に選定されたり、数々の映画やドラマのロケやPV撮影などにも使われている駅のようです。アニメ関係では声優の寿美菜子さんのPVがここで撮影されたようです。
 
 
上総鶴舞駅02
35mm, f/10, 1/320, ISO200(WBオート)
 
有人駅時代の名残で改札口はありますが、駅舎を通らなくてもホームに出られます。
 
 
上総鶴舞駅03
35mm, f/3.2, 1/2500, ISO200(WBオート)
 
下からローアングルで撮って奥をボカそうとしました。しかしピントが手前過ぎました。
 
 
上総鶴舞駅04
35mm, f/13, 1/2500, ISO200(WBオート)
 
そこで今度はパンフォーカスで撮ろうとF/13まで絞ったのですが、シャッタースピードが速いまま撮ったのでド・アンダーの図ですw
 
 
上総鶴舞駅05
35mm, f/13, 1/400, ISO200(WBオート)
 
枯れ枝を入れて斜めから駅舎を撮りました。辺りにはほとんど人影はありません。
 
 
上総鶴舞駅06
35mm, f/13, 1/400, ISO200(WBオート)
 
線路の脇を通る歩道があったので、少し離れたところからホームの方を狙ってみます。このアングルだとちょっと色の濃い雲が入ってきちゃいました。
 
 
上総鶴舞駅07
35mm, f/13, 1/400, ISO200(WBオート)
 
色濃い雲があまり入らないようにアングルを調整しましたが、これ以上下げると空が狭くなっちゃう気がしたので雲がちょっと入っちゃってます。ロープの線路側に入っているように見えるかもしれませんけれど入っていませんよー。
 
 
上総鶴舞駅08
35mm, f/3.5, 1/2500, ISO200(WBオート)
 
さっきホームでやった後ろボケをここでもトライしてみました。手前の砂利と線路にピントを合わせて奥行き感を意識してみました。
 
 
上総鶴舞駅09
35mm, f/3.5, 1/2500, ISO200(WBオート)
 
線路置き場の錆びた線路の光と影を、これも後ろボケで撮っています。
 
 
上総鶴舞駅10
35mm, f/1.8, 1/8000, ISO200(WBオート)
 
鉄道関係の“なにか”ですw なるべくオブジェクトを見てもらいたいために開放で撮りました。そしたらシャッタースピードがD7100では最速の1/8000まで行きましたw
 
 
上総鶴舞駅11
35mm, f/16, 1/400, ISO200(WBオート)
 
この構図で明るいのと暗いのを撮りましたけどこれは暗い方です。青空と雲が美しいですが、直射日光が当たっている屋根の上側と、日陰の建物側の色作りは難しいところですね。日陰が看板を隠しちゃってますが、のどかな田舎感は出せたかと思います。
 
 
上総鶴舞駅12
35mm, f/16, 1/400, ISO200(WBオート)
 
運よく列車が来ました。電気で走っていないので電車じゃないのでしょうけれど、一両編成で連結してないですから列車でもない気がします。それにしても上総牛久駅の時もそうですが、滅多に来ないと思われる列車に出会えるのは運が良いと思います。
 
 
上総鶴舞駅13
35mm, f/16, 1/160, ISO200(WBオート)
 
小湊鉄道は思った以上にゆっくり走るので撮りやすいかと思いきや、やっぱり悩んでいる暇はありませんw
 
 
上総鶴舞駅14
35mm, f/16, 1/200, ISO200(WBオート)
 
綺麗な青空を主役にして撮ってみましたが、列車と庇のバランスがイマイチでした。それにしても美しい空です。
 
 
上総鶴舞駅15
35mm, f/16, 1/400, ISO200(WBオート)
 
乗客が降車しました。この駅は1日平均乗車数が15人ほどらしいです(驚)偶然ですけれど、人が入ると途端に写真に動きが出る気がします。
 
 
上総鶴舞駅16
35mm, f/16, 1/250, ISO200(WBオート)
 
少しだけ車掌さんが見えます。同じようなアングルの写真ばかりになってしまいましたが、気分アゲアゲで撮っています。
 
 
上総鶴舞駅17
35mm, f/16, 1/250, ISO200(WBオート)
 
走り去る列車の画です。駅表示板を入れてみました。
 
 
上総鶴舞駅18
35mm, f/16, 1/250, ISO200(WBオート)
 
列車をフレームのどこに置こうか実は迷ってますw 迷った時はとりあえずど真ん中w
 
 
上総鶴舞駅19
35mm, f/16, 1/250, ISO200(WBオート)
 
迫ってくる画も良いですが、去っていく画も好きです。
 
今回ご紹介する画像は以上です。
 
 
これから目的地に向かってまた走り始めました。今回改めて写真を見返したら、同じようなアングルと構図ばかりの写真だったのでかなり反省しています。時間に余裕があれば線路の反対側に渡ったり、その反対側に行くまでの道中で何か撮ったり出来るのに。とも感じました。
 
自分が大きく動かなくても色々な写真が撮れればラクでしょうけれど、やはり撮影は自分の足で動きながらが良いのでしょうから、ある程度は時間も必要になりますね。
 
もう一ヶ月以上も撮影しに動いていませんから、そろそろ限界に近づいてきました。クルマの年式は旧いですが新しい相棒もやっと私のもとにやって来ました。久しぶりに乗るマニュアルシフトが楽しくて仕方がない感じなので、次の撮影はクルマで走るのが楽しいところに行きたいと考えています。
 
 
予定では次回こそは歩きながらの撮影です。宜しければまたお越しください。
 
 

by カエレバ

 
 
スポンサーリンク